インビザライン矯正をお考えの方へ-メリットとデメリット-

透明なマウスピースをはめているだけで歯並びが綺麗になる、【インビザライン】システム。
このインビザライン矯正を始めてみようかな・・?とお考えの方へ、
「メリットとデメリット」についてお伝え致します。

インビザラインとは?

3Dシミュレーターによって歯の動きを治療前から知ることができる最新のインビザライン(マウスピース矯正)。
高性能の目立たない矯正器具によって歯列を美しく整えていくことができるので、治療器具が目立つのを避けている方に支持されている矯正治療です。

現在では数多くの症例のデータが日々分析されて、歯列矯正を行う歯科医院ではノウハウを蓄積し、それらを治療に反映させています。
もちろん、東京矯正歯科でも自信を持ってインビザラインの治療を行っており、歯列にお悩みを持つ多くの患者様のサポートをしております。

東京矯正歯科はインビザラインの症例数や一定基準をクリアしている事による
インビザラインプラチナドクターの称号を取得しております。

インビザライン矯正のメリット

満足度の高い矯正治療が可能なインビザライン。
歯列を美しく整えるために大きな効果を発揮してくれますが、素晴らしいメリットがたくさんありますのでご紹介してみたいと思います。

矯正器具がわからないほど薄くて透明

インビザライン(マウスピース)は薄くて透明ですし、オーダーメイドで一人一人に合わせて作成しますので、歯に装着してもほとんど目立ちません。
通常の矯正器具は口を開けた時に気付かれるのが心配なものですが、インビザラインは気兼ねなく笑ったり、人前で話したりできるところが魅力と言えます。

インビザラインの器具

痛みや負荷が少ない

インビザラインはシミュレーションで事前に歯の動きをあらかじめ確認することが可能で、しかも、歯の動きに合わせて短期間で矯正装置を交換(1~2週間に一度)するので、痛みの少ない治療を受けることができます。

また、インビザラインはマウスピースを装着することによって歯全体を支えながら必要な歯のみを動かすことが可能ですので、歯にかかる負荷を必要最小限に抑えることができます。

通院回数が少なくムダがない

当院におけるインビザライン治療は、治療開始から完了までの歯の動きの結果を確認し、必要なインビザライン(マウスピース)の準備を万全にした上で治療を進めていきます。
ですので、従来の矯正方法よりも少ない通院回数での治療が可能となります。

インビザラインは1ヶ月以上の間隔を置いての通院ということも珍しくなく、3週間程度に1回通院する必要がある通常の矯正治療よりも大幅に通院回数を減らすことができます。
また、当院では忙しい方のために通院ペースの相談にも乗っております。

東京以外の方、引っ越しや転勤、ご結婚、進学などで遠方から通う事になっても大丈夫です!
⇒ 遠方、東京以外にお住いの方も是非東京矯正歯科にいらしてください

もちろん、完全定額性の治療を行っておりますので、通院の間隔が空いて治療が長引いた際に料金が高くなるといったこともありません。

患者様に負担をおかけすることなく、安心して治療を行って頂けるように最大限の配慮をしております。

食事がしやすい

矯正装置は1日のうち 20時間以上装着する必要があるものの、食事の際には取り外しますので自分の歯のままで食事が出来ます。
慣れない矯正装置を装着して食事をすると、食べ物が上手く噛めなかったり、装置に食べ物が挟まったりといった不便なことがあります。
しかし、インビザラインの場合は、治療中でも自分の歯で食事をすることができるので、特に不便さを感じることもないでしょう。

衛生的で虫歯になりにくい

マウスピースを取り外せば自分自身の歯を普通に歯磨きできますから、プラーク(歯垢)などが沈着しやすい従来の金属装置に比べると虫歯や歯周病のリスクを軽減できると言えるでしょう。

それに、インビザラインのマウスピース専用の洗浄剤で殺菌できるので、治療中の口内の衛生状態を保つことができます。

ただし、糖分の多い食べ物や色の付いた飲物がマウスピースと歯の間に入ってしまうと、マウスピースに着色や汚れをもたらし、虫歯になりやくなります。
マウスピースを外しての飲食が基本となりますが、治療中は歯磨きなどによって積極的に衛生状態を保つように心がけましょう。

【飲食をしたら歯磨きをしてインビザラインを装着】する流れです。

金属アレルギーの方にもやさしい

インビザラインのマウスピースはプラスチック製ですので、金属アレルギーの方でも安心して矯正治療を受けることができます。

金属製の装置やワイヤーによって身体に負担がかかってしまうことがありませんので、今までアレルギーが出るのが不安で治療に踏み切れないでいた方には最適の矯正方法と言えるでしょう。

同時にホワイトニングができる

歯並びを美しく整えることで美意識が高くなり、通院中に歯のホワイトニングに興味を持つ方も少なくありません。
矯正歯科ではオフィスホワイトニングやセルフホワイトニングというメニューがあり、マウスピースを使った歯列矯正同様にマウスピースを歯に装着して行う歯の美白ケアをすることが可能です。

インビザラインのマウスピースと同じものを使うことはできませんが、矯正治療の際にマウスピースを使い慣れた方であれば楽々ホワイトニングをすることができると思います。
興味がある方は詳しくはお問い合わせください。

抜歯をしない治療が基本

当医院では、できるだけ歯を抜かない矯正治療を患者様にお薦めしております。
治療をスタートするにあたって、患者様のご希望の仕上がりを最優先に考えながら、「抜歯しない場合の仕上がり」を元に治療方法を決定します。

ただし、理想の歯並びに整えるためにはどうしても抜歯する必要がある場合もあります。
でも、患者様の同意なしに抜歯するようなことはありませんのでご安心ください。

嬉しいダイエット効果もあるかも

患者さんからよくお聞きするお話なのですが、インビザライン治療が終わるとなぜか以前よりもスリムになっているそうです。
なぜかと言うと、まず、マウスピースを装着している時は食事がNGとなります。
食事や間食をする際は、一度マウスピースを外してから食事をしていただき、歯磨きをしてから再度装着をしていただく流れとなります。

いざ、そうなってくると「外して歯磨きするのが面倒だから、、、お菓子は食べなくても良いか~」
という気持ちが働き、やがてはムダな間食をしなくなるそうです。

その結果、歯列矯正をする前よりスッキリとした自分になれる事もあるそうです。

インビザラインのデメリット

インビザラインは数多くの症例データを分析しながら進化してきた矯正治療ですが、少なからずデメリットもあります。

歯が適切に動かないこともある

取り外しが可能なために、装着を忘れたりサボったりすることが増えると、歯の動きが悪くなることもありますし、その結果として矯正期間が延びたり、思ったような仕上がりにならなかったりといった影響が出てきます。

装置時間は1日のうち 20時間以上というのが理想的ですから、必要以上にマウスピースを外すことは避けましょう。

マウスピースが合わなくなることがある

治療前の歯の状態に合わせてマウスピースを作成するため、虫歯の治療、装着忘れ、何らかの理由で適切な力が歯にかからないなど、矯正の過程で歯の形態や動きが変わってしまうとマウスピースが途中で適合しなくなる事があります。

また、インビザラインは矯正装置をオーダーメイドする矯正治療ですので、マウスピースが合わなくなった場合を含めて、紛失・破損した場合には治療計画やマウスピースを再作成しなければならず、その分だけ時間と費用が余計にかかります。

※インビザラインの型の取り直し(再印象):3,240円

インビザラインの治療には限界がある

インビザライン治療の症例はかなり増えたものの、抜歯を含むケースや骨格のずれが重度のケースはインビザラインのみでの治療ができない場合があります。

利便性と審美性に優れた歯列矯正で人気はありますが、すべての方に適応できる段階には至っていないというのが現状です。
ただ、補助装置の併用によってほとんどの方はインビザライン治療が可能になるので、どうしても一度マウスピースを使った矯正治療を試してみたいと考えている方は、まずは医師に相談してみて下さい。

また、治療中や治療後のフォローは歯科によって違うため、満足度の高い結果になるかどうかは歯科医師の腕次第とも言えます。

段階ごとの歯の動きや最終目標の歯並びをしっかりと把握して、的確な対応をしてくれる歯科医師でなければ当然結果は大きく変わってきます。

まずは医師に自分の希望を伝え、尚且つ、患者様自身が医師の治療計画やプロセスの説明をしっかりと聞き、納得できる矯正歯科を選ぶことが大切です。

外し忘れによるトラブルが起こりやすい

飲み物を飲む際のマウスピースの外し忘れによって、飲み物の色が歯とマウスピースの間に入ってしまうというトラブルが多発しています。

治療中のマウスピースの外し忘れによって歯の健康を損なう可能性が指摘されています。
しかも、透明なマウスピースに色が付いてしまうとせっかく目立ちにくいのが台無しになってしまいます。
ただ、マウスピースは1~2週間で交換し続けるので、常に清潔なものを使用出来ます。

すぐに治療が始められない

治療が完了するまでの期間は通常の矯正治療とそれほど変わらないか、もしくは早く終わるくらいですが、インビザラインは治療開始までに時間がかかります。

理想的な歯並びを作るために、患者様の歯の傾きや動きに合わせて一つ一つオーダーメイドでマウスピースを作製しますが、マウスピースの製造には6週間ほど期間を要します。

しかも、治療完了までをいくつかの段階に分けて、それぞれのマウスピースで必要最小限に歯を動かしていくので、治療前の検査や治療プランの決定なども含めると6~8週間の期間が必要になります。

以上がインビザライン矯正のメリットやデメリットです。
あまりデメリットという部分は少ないと思いますが、注意点という感じでとらえていただけると幸いです。

当院の医師やスタッフ(歯科衛生士)の私達もインビザラインシステムの経験者です。
気になる点がございましたら、ぜひお聞き下さいね。


診療日
診療時間

【診療受付終了は終了時間の30分前になります】

火曜日
 15:00〜20:00
水曜日
 11:00〜13:00
 15:00〜20:00
 ※第三水曜日のみ11:00〜12:30
金曜日
 11:00〜13:00
 15:00〜19:30
土曜日
 10:00〜12:00
 13:30〜18:00
日曜日
 09:30〜12:00
 13:00〜17:00
月・木・
休診
祝日
休診(場合によっては診療あり)

無料矯正相談受付中!
フリーダイヤル
0120-355-704

お問い合わせ
こちらのフォームからお願いします
住所

東京都中央区日本橋3-2-2
八重洲ヤマガタビルB1階

オリコのデンタルローン

毎月のお支払い額を選べるので、多くの患者様にご利用いただいております。
歯科衛生士さんの求人募集中
東京矯正歯科 求人
東京矯正歯科では歯科衛生士さんを大募集しています!
3時間からの時短勤務もOKですし、たくさん働いていただける方も大歓迎しています。 ⇒ 求人情報の詳細はこちらから
ケズラーズ

【ケズラーズ会員】まもなくスタート。
予防歯科の新しい形を提供します。